EasyBotterでtwitter botを動かす(半自動・手動bot)

※メモです あとで編集する
サーバーをレンタルしている人向けです。
しかもサーバーでphp5以上が動く人。
無料のサーバーで動くのは@PAGESとか?

やること7つ

  1. phpが動くサーバーを確保する
  2. EasyBotterをダウンロードする
  3. OAuthクライアントの登録する
  4. setting.phpにOAuthクライアントのConsumer key / Consumer secret / Access Token (oauth_token) / Access Token Secret (oauth_token_secret) を書き込む
  5. bot.phpとそれで呼び出すファイル生成
  6. easybotter.php編集
  7. ファイルアップロード

以下に詳しく書きます

EasyBotterでプログラムダウンロードする

まずはプログラミングができなくても作れるTwitter botの作り方からテンプレダウンロードして編集!
ページの真ん中の★ダウンロード下の
 バージョン2.04betaをダウンロードする(最新版)
 バージョン1.42をダウンロードする(安定版)
どちらかを。因みに最新版にしました。

OAuthクライアントの登録

ID入力。
Create cool applications! | dev.twitter.com
でOAuthクライアントの登録する。 

  1. アプリケーションを作るを押す。
  2. アプリケーション名がtwitterのfromに表示される名前になります。
    • ※他の人と被っていると登録できません
    • ※どうやら後で変更可能のようです
  3. クライアントアプリケーションを選択
  4. Read & Writeを選択
  5. アイコンはあってもなくても
  6. 単語入力して I Accept を選択
easybotterのsetting.phpを編集する
これ設定しないとうごかん
OAuthクライアントの登録ができたらAPIキーなどのページへ。
以下の文字列をsetting.phpへ書き込みます。
Application detailsのページで

  1. Consumer key
  2. Consumer secret

をコピペ。
Access Token Requisitionで

  1. Access Token (oauth_token)
  2. Access Token Secret (oauth_token_secret)

をコピペ。
参考PHP+OAuthでTwitter – SDN Project

EasyBotterファイル一覧 編集memo

  1. setting.php
  2. bot.php
  3. easybotter.php
bot.php
$response = $eb->postRandom("data.txt"); 
$response = $eb->reply(2,"reply.txt","reply_pattern.php");
$response = $eb->replyTimeline(5,"tl_reply_pattern.php");

これをコピペして上書きしました。呼び出すファイルが書かれています

制作する呼び出しファイル

既存の

bot.php(cronで叩くやつ)
EasyBotter.php(プログラム関数)log.dat(log)setting.php(プログラム)
data.txt(基本台詞)reply_pattern.php(特定の言葉に特定の返信)

に新たにファイル加えます。

bot.phpをコピーしてbot_post.php bot_reply.php bot_tlreply.php
reply.txt
reply_pattern.phpをコピーして tl_reply_pattern.php

あとで詳しくメモ

easybotter.php
//表示用HTMLのtitle変更など
関数などでいろいろな設定ができる

アップロード

※uploadするときbot.txtとreply_pattern.phpとlog.datなどのパーミッションを666に設定するのわすれない

そしてbot.phpにアクセスしてpostすれば、とりあえず手動は成功。

あとで追記する

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">